×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



世界一周旅行記世界一周バイク旅行記
タダでは終わらない!!世界一周釣ーりんぐTOP ≫ 
中南米TOP ≫ こもえすたす・メヒコ!?
こもえすたすメヒコ!?

ロスに帰って来て、相変わらず酒飲んで図書館でネットしてネコと寝て過ごしていた私 でしたが、2ヶ月以上経っても相変わらずピンクスリプトは来ないで、オレはいい加減キレてました。

絶対おかしい…!!

ある時、ホテルのドイツ人オーナーに愚痴を言っていたら、
「10 日前に来た封筒は違うのか?」と尋ねられました。

確かに封筒は届いたのですが、それはピンクスリプトな筈は断じて無い。
こ んないい加減な紙きれ…。
…とか言って説明しながら、オーナーにその封筒を見せてみたら、次の瞬間

おっ!これ、ピンクスリプトじゃん!




『...。』



そう、この
「いい加減な紙きれ」

こそ、正にピンクスリプトだったのでした(^o^;)

ピンクスリプトとはどこにも書いていないのですが、
よく見てみれば、
確かに紙はピンク色!?
それは間違いない(笑)

どうやら“ピンクスリプト”というのは正式な名称ではなく、通称の様です。

まぁ、兎にも角にも、突然メキシコ行きは確定したのでした。
荷物をまとめて皆に明日出る事を告げ、夜は飲みましたが、
さすがに2ヶ月近く滞在しているとさみしくなりますね。

ホステル・カリフォルニアの最終日、この旅の本当の旅立ちの前日、
AM1時とちょい早め (笑)に寝たオレでした。


次の日、全ての荷物をくくり付けて、7時にベニスビーチを出発。
この日は西海岸南端の街、サンディエゴを越してメキシコ国境まで行く予定である。
が、走り始めて
わずか2時間...。


まさか悪夢が襲う事になろうとは…。




出発してしばらく経ち、片側6車線のフリーウェイを気分良く走っていたその時、バイクに突然違和感を感じました。

なんかオカしい…!?

とっさに危険を感じ、反射的に減速したのですが、次の瞬間
後輪がすごい勢いで左右にブレて思い切り転倒しそうになりました。

が、幸い私の熟年のテクニックのお陰で間一髪で、



やっぱりコケた!!!


もう見なくてもわかりました。

「やっちまった!!」って感じ。

そう
『パンク』です。

ふ…不吉だ…。不吉過ぎる!!

旅立っ てまだ2時間しか経ってねーじゃん!?

…まるで
この旅行の苦難を暗示してるかの様でした。

とりあえず直すしかないので、路肩に停めて修理作業。
しかし焦って作業しているせいかうまくいかず、そのうちパトカーがやって来たので事情を説明したのですが

『ここは高速道路だから、停めちゃいかん。早く直せ』
と言って終始監視されて、もう、やりにくいったらありゃしない!!
挙げ句の果てにあまり間を置かずに

『とりあえずレッカー呼ぶから、フリーウェイから出せ』
と言って来ました。

ギブ&テイクがはっきりし過ぎているこの国で、
ポランティアでやってくれる事はまず期待できないので

『いくらかかるんだ?』

と短刀直入に聞いてみたら

『15000円くらいかな〜』


ふざけんなああああああああああああああああ!!
大体、んな金ありゃメキシコでどれだけタコスとテキーラとコロナが○△X□…(以下略)

が不幸中の幸いなのか高速道路のインター入り口で止まった為、パンクしたまま一度タイヤをはめ、エンジンかけながら押してなんとか逆走して自力で高速道路 から一般道に出る事にしました。

ついてないけど仕方ない!

パンクしてるバイクを動かすのって本当に重いんですけど、息切らしながら30分程かけてなんとか高速道路から脱出したオレは再び修理を再開。

が、予想以上に苦戦をし、気がつくと、もう少し日が傾き始めていました。

仕方ないのでバイク屋に持って行こうと思い、2キロ先のバイク屋まで、
この“鉄の塊”を、やはり『押して』持って行く事に。

そりゃもう大変ですよ、ええ。

最後なんて
ご丁寧に急な登り坂。

日も暮れた頃、ヘトヘトになってやっとバイク屋に辿り着いたら、
とっくに6時でバイク屋閉店してるし(笑)

※…ロスは6時閉店の店が意外に多いです。

もう精も根も尽きて、ホテルを探す気力などある筈がありませんでした。

最後の力を振り絞りバイク屋の駐車場でテントを張り、近くの水場で水を汲んでラーメン作って流し込む様に食べた後、
気絶する様に爆睡。

次の日、バイク屋の店員が店の鍵を開けている音を聞くまで
「一度として」目を覚まさなかった私なのでした。


店員は、テントを張ってる事自体には特に気にしてない様子で、オレはそそくさとテントを片付けた後、早速パンク修理を依頼。
チューブ代込みで7000円と割高でしたが、まー仕方ないです。

ものの30分で修理は完了し、何事もなかったかの様にオートバイは元通りになって返ってきました。

これで今度こそ安心してメキシコへ…。

そう思ってホッとしていた矢先、やっぱり
『すんなりと行くわけがない』
というのが僕の旅の代名詞でした。

走り始めてしばらくして、なんとなく後輪が重い感じがする…。

でもちゃんと直したし、んな筈はない…。

最初は昨日の今日だから過敏になってるんだろうと思ったのですが、走り続けてると、やっぱり違和感があるのは間違いない。


仕方ないので次のパーキングに立ち寄って再びチェックしてみたら、正に絶句…!!
なんと、後輪の
ブレーキのディスクが変色しているではないか!?

変色した意味がわからず、試しにディスクに水をかけたら、物凄いスピードで蒸発してる!!

間違いなく摩擦熱による変色で、どうやら思いきりブレーキを引きずったまま走行していた様なのです。

しかしそんな事は通常有り得ない事で、余程の素人ではない限りしない筈。

…なのに金取って生業にしてる連中はそういう基本的過ぎる凡ミスをするのは驚きです。つーか危な過ぎじゃねーか!!

熱を冷ました後(かなり時間がかかりましたが)ブレーキを組みつけ直し、事なきを得ましたがいや、ホント、アメリカ出る前から先が思いやられる。


が思いの他心配する程ではなかった様でとりあえず、そこから先はサンディエゴを通り越して国境まではお昼過ぎに到着し、

とうとうメキシコとの国境
ティファナに到着したのであった。


タダでは終わらない!!世界一周釣ーりんぐTOP ≫ 
中南米TOP ≫ こもえすたす・メヒコ!?




Information

2011/05/04
気まぐれでホームページリニューアルしました(笑)
2011/04/24
気まぐれで旅の通販のお店開きました
2011/04/18
釣りキチの部屋 鮮烈デビュー
2011/04/18
2004 年 中南米バイク旅行記 こもえすたすメヒコ追加