×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



世界一周旅行記世界一周バイク旅行記

そうだ!危険度5地帯に行こう?日本人拉致事件のバムへ
タダでは終わらない!!世界一周釣ーりんぐTOP ≫ 
中東編TOP ≫ イランTOP
 ≫ 日本人拉致事件 危険度5地帯バムへ


2008 年6月下旬

バイクのタイヤも無事確保でき、順調に
『世界の半分』と呼ばれるエスファハーン、
ペルセポリス遺跡のあるシーラーズ、

そしてあんまり見るもん無かったヤズドを見てきた私。

どれもなかなか素晴らしいものであったが、
どう素晴らしかったかという説明は『地球の〜』
などの某有名ガイドブックや他HPに任せるとしよう。


それはここで私がわざわざ書くことではない事であるし、

やはり

『読者には実際行って感動して欲しい』

という筆者の切の願いでもあり、
誤解のないようにその気持ちを箇条書きにさせて頂くと



@『書くのがめんどくさいし』
A『指が疲れるし』
B『ネット屋に行くのがかったるいし』
C『つーかネット代がもったいないし』
D『今日月曜日だし』



などといった事を
間違って考えてしまう今日この頃の私だ!




ところでイランではイスラム教の

『旅人には親切にしなさい』
的な教えがある為か、
イラン人はみな親切でホスピタリティ溢れる国として
イランを訪れた旅行者には評判がいいところであるが、
実は俺にはイランの嫌いなところ が少しある。

ひとつは
人の話を聞いてないことだ。

バイクで走っていてその辺で休憩していると、
どこでもたいてい人だかりができる。
そして限りなく100%に近い確率で
Where are you from?あなたはどこの国の人?
と聞かれるのであるが、
I am Japanease 日本人です』
と答えると今度は隣の人から

『Where are you from?』と聞かれる。

あれ?聞こえてなかったのかな、と思ってもう一度、
『I am Japanease 』と答えるとまた他の人から
『コーリア?』と言われるのである。

今、日本って言ったじゃねーかと思いつつ

『アイム フロム ジャパン!!!』
と多少キレ気味に言うと

『オオー、ジャパン!!』

と言われて、やっと納得してくれたかと思ってホッとしてると、

次の瞬間また他の人から
『アー ユー フロムチャイナ?』
と言ってくる。

こいつら絶対ナメてる...。



これがまたどこに行ってもこんな感じで毎回同じ。
結局、話を聞いていないのである。

または自分の口から直接聞いて見たいのかも知れないが、
止まるたびに毎回同じ質問をされ、
一人一人に答えていくのは正直イライラしてくる。

心優しきイラン人に感謝と尊敬の念をこめて、
私は心からこう言いたい。








あんたらの頭ん中には
GOOGLE・Androidかなんかの
聞いたことは100%、瞬時に忘れる
『パーフェクト記憶力強制破壊アプリ』とか意味のわかんねえもんがもれなく
インストールされてんのかよおおおおお
馬鹿ああああああああああ!!!!!!





もうひとつイラン人ライダーの運転マナーの悪さだ。
その事についてはすでに前述したが、
その中でバイクのりが一番タチが悪い。

長距離移動、または市街地を走っていると
高確率でバイク乗りが声をかけてくる。

しかもお互いお互いバイクを走行中にである。
向こうはたいてい2人乗り、3人乗り(時々4人乗り)だったりするが、
ただでさえ運転に集中しないと危険なのに
さらに
『へーイ』とか言いながら声をかけられるのは大変ウザい。

それだけならまだいい。

80km/hで走っていると
イラン人はたいてい100km/h位で俺を抜かしていくのであるが、少しすると何故か彼らはスピードを落としオレに抜かされる。

で、少しすると再び後方からオレを抜かして行き、
そうかと思えばまたオレに抜かされるといったことの繰り返し。
何回も追い抜きするので本当にめんどくさい。

正直めちゃくちゃ邪魔である。

だんだんイライラしてきて、
うるさいから先に行かせようと思いスピードを落とすのであるが、
すると向こうも合わせてスピードを下げるのである。

だったら振り切ろうと思ってスピードを上げると
今度は全力でついていこうとする。


これは相当気持ち悪い。


一体何なんだお前は!!


最終手段で何度か完全にバイクを止めた時があった。
 が、これも彼等には通用しなかった。。

こっちが止まればあっちも合わせて止まるのである。
しかもこっちが動き出すのをじっと待ってるし。

きっと彼等はおれのバイクが珍しいから一緒に走りたいに違いない。
決して悪気がないというのは良く分かっている。


けど、心優しきイラン人達の大いなるイスラム教の教えに
尊敬の念をこめて、もう一言だけ言わせて欲しい。







てめええらああああああああああああ、
ついてくんじゃねええええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!







イラン滞在中はこんな事が頻繁にあった。

 さて、そんなイラン人バカヤロー、では無くバイク野郎にイライラしつつのイランに入って3週間目、バムという街に到着した。

この街の名前を聞いて、なんとなく知ってる!
という方もいらっしゃるかも知れない。

そう、2007年10月、
某大学生が拉致された場所というのがここバムなのである。
なんと言っても
『拉致』である。
この言葉はまるで

クサヤのようなマニアに好評なニオイ
がする。

実際外務省のHPを見てみると
ケルマーンからパキスタン国境 に及ぶ西部エリアは見事に赤一色。

つまり一番危険度が高い
『退避勧告』が出ているのである。

要するにいかなる理由があってもその地域には行くなという事だ。

そんな危ない地域に今まさに足を踏み入れようとしているのである。

内心かなりビビっていたのであるが、
思いの他街中は至ってのんびりしていて
拉致どころか逆にどちらかといえば閑散としていて
町に活気がないといった印象のほうが強かった。


それもその筈。

数年前にここ一体で起きた大地震の影響でここバムの最大の見所...

世界一周バイク旅行記 イラン バム編
なんかの工事現場かと思ったらイラン最大の遺跡だった。。。

いや、人によってはイラン最大の見所といってもいい位だという

バム遺跡は、 ここにはミサイルが10発くらい
でも打ち込まれたんじゃないか
と思う程、跡かたもなくなるくらいに
大破していて、その影響で旅行者が全く訪れなくなってしまった
というのが一番の理由だ。

世界一周バイク旅行記 イラン バム編
その上,度々起こる拉致など事件により
イラン自体のイメージが悪くなり、
ツーリストが訪れなくなってしまったので余計である。

もうひとつだけ付け加えさせてもらうと前述した地震は
バム遺跡のみならずバムの町そのものを崩壊していた。

もう地震からかれこれ4年以上経っているにも関わらず、
町中にある建物は未だ建て直されてはおらずなんと荷物を積む
コンテナを建物の代わりにしている店などをよく見かけた。
世界一周バイク旅行記 イラン バム編
こんな悲惨な状況でもやたらと明るいバム市民。一生のお願いがある。少しくらい落ち込め!

とりあえずこの町にある安宿で有名な

『アクバルゲストハウス』
に泊まることに。

実はオレはここで待ち合わせをしていた。

テヘランのマシャドゲストハウスで一度会って以来、エスファハーン、ヤズド、ケルマーンと、お互い一度も待ち合わせもしてないにも関わらずなんと偶然にも計4回会っているナオキさんである。

ケルマーンで4回目に会った時、
スペイン人のおっさんと一緒にパキスタンに向かうと言っていたので、

じゃあ一緒に行きますか。
という感じでここで待ち合わせとなったのだ。
彼らはオレが着いた次の日に到着。これで5回目の再会である。

一緒に来たスペイン人のおっさんとも初めて顔を合わせたのであるが
彼はトヨタのランドクルーザーに乗り世界一周しているというツワモノ。

それ以上に驚くべき事は、彼は今年で
70歳という事だ。
その年で世界一周することだけでも凄いことなのに
なんと自ら運転をして旅行しているのである。

オレもバイクを運転しているので良く分かるが、
バスで旅行する時に比べて自分で運転するというのは
体力はもちろん精神的にもハンパなく疲れる。

だって常に危険に気を張ってなきゃいけない。

相当体力が必要なのであるが、
70歳でそれをしているというのはもはや尊敬に値する。

しかもアフリカも既に行ってしまったらしい。
体力的にも精神的にもツラいアフリカを走破してしまうとは...
凄まじいおっさんである。

そんなわけで3人でイラン西部の危険度5地帯を明日から突破することになったのであるが、この夜、ここのホテルのオーナーのアクバル氏に大学生が拉致されたときの状況を聞いてみた。

彼はなんとここに泊まっていたらしいのであるが、
どうも彼はどこかの街に移動しようとしていた際に拉致されたようだ。

その事を詳しく聞いてみたところ、アクバル氏は

『彼はね〜道を歩いている時に車のドライバーに声を掛けられて
『君の行きたい所に連れて行ってやるよ』
と言われたみたい。
で、
そのまま乗ったら連れていかれちゃったんだね。アホだ ね。』

と言っていた。

確かに聞いた通りだとマヌケな感じがするが、
イラン人は基本的に親切だから
ヒッチハイクにも喜んで乗せてくれそうな感じである。

実際大学生の彼もイランでヒッチハイクをしたことがあるのかも知れないが、きっと『イラン人なら安心』と油断してしまったのだろう。

これは彼がたまたま捕まってしまったというだけである。
決して人事ではない。

更にアクバル氏は続けて

『バムはとても安全な街なのに去年の事件やたびたび起こる人質問題でここに訪れる旅行者が全くいなくなってしまった。大問題だ。』

と言った。

彼のホテルは今年で20年目になるそうだが、
4年前の大地震の影響をもろに受け、家は崩壊。

それからしばらくの間は仮設テントで生活をしていたらしい。

彼にとってここ数年は地獄だったに違いない。


次の日、我々は6時半に出発し、
とうとうパキスタン国境に向けて走り始めた。
距離にしたら300kmちょい。

普通に走れば昼すぎには到着できる距離なのであるが、
次の大きい街
ザーヘダーンま では
意外にすんなり辿り着く事ができた。

が、暑さが半端無い。
ここに来て一段と暑さが増して来た様で
走っている時に吹いている風は涼しくも何ともなく、むしろ苦痛。

というのも殆ど熱風で、例えるならば
まるでサウナにいるかのような温度の熱風が体にぶつかって来る。

『暑ちい〜!!』などと言って
ヘルメットのシールドなんて開ける事すら許されないのである。
 開けて走る方がよっぽど地獄だ。

さて、そのザーヘダーンだが、この街はガラの悪い町としてオレの持ってるガイドブックには書いてあったのであるが、町に入って間も無く車に乗った警官がオレ達に声をかけて来て何やら説明していた。

世界一周バイク旅行記 イラン バム編
写真撮影厳禁だが護衛の一瞬の隙を見て盗み撮りしてやった。勝った!

どうもこの町にいる間の行動は護衛付きが必須らしく車のナンバーをアントニオさんが返却している間、オレがガソリンをガススタで入れている間も常にバイクで2ケツした警官2人(後ろの人はライフル持ち)がついていた。

(イランでは車を走行する場合ナンバーを発行しないといけないらしく
また出国する場合それを返却しないと行けないらしい。
因みにバイクは ナンバーそのままでOK) 、


実際のところ、ザーヘダーンはそこまで危ないイメージは
無かったのであるが、これほど過剰な程の護衛からすると、
きっとそれだけの理由があるからだろう。

護衛は何回か交代しつつのそのままザーへダーンの町を出てからも続いたが、とにかくペースが本当に遅い!!

普通に行けばお昼ちょいには国境に着くくらいの距離なのであるが、向こうは時速50km程度でとろとろ走っているので全然距離が稼げない。

しかも、ふと前の方を見ると、車の荷台に乗って銃を持っている2人の護衛はなんか寝てるし。

ぜんぜん意味ねーじゃん!!

するといいかげん痺れを切らせたアントニオさんはオレと同じ事を考えていたのか、とうとう護衛を抜いて行った。

確かにこんな護衛ならいてもいなくてもあんまり変わらない。
それに護衛が寝ていられるという時点で
実際そこまで深刻ではないという事である。
逆に少し安心した。

そして、オレも後ろに続いて護衛を抜く。

彼等はそれを追う気配すらなく、
瞬く間に護衛者はバックミラーから遠ざかっていった。
世界一周バイク旅行記 イラン バム編
ようやくパキスタン国境に到着。なんだ、この見ているだけで不愉快な過剰積載バスは!

その後は110km/hで不毛な砂漠を駆け抜け一気に国境へ。



ついにPM3時41分、我々はとうとう
『危険度5地帯』というゴールに、ゴールネットを突き破る
ネオ・タイガーショットをキメたのである。




 次号、秘境パキスタン編で立花兄弟のスカイ・ラブ・ハリケーンが炸裂!?



タダでは終わらない!!世界一周釣ーりんぐTOP ≫ 
中東編 TOP ≫ イランTOP
 ≫ 日本人拉致事件 危険度5地帯バムへ




 

Information

2011/05/04
気まぐれでホームページリニューアルしました(笑)
2011/04/24
気まぐれで旅の通販のお店開きました
2011/04/18
釣りキチの部屋 鮮烈デビュー
2011/04/18
2004年 中南米バイク旅行記 こもえすたすメヒコ追加