私fela2929の

バイクDR-Z400Sで世界一周 海外の怪魚、巨大魚、神の魚を釣る旅行HP




☆更新のお知らせ☆

いつもこのHPをに遊びに来て頂き、感謝してます。
5月27日 ちょっとした旅の話
世界一周 費用はいくらかかるのか?



とうとう待望(?)の
世界一周バイク旅行記



バイクで世界一周旅 行

そのきっかけはスーダンで会ったドイツ人ラ イダーとの出会い。。。
そして前回の中南米バイク旅行でゴールまで
たった700km手前で起きたエンジントラブルによる強制終了であった。

今回の旅行でも国道走行中に遭遇する
ストライキ、バイクトラブル、ワニ、牛、川、雪、
凍結、
空港占拠、バイク行方不明など、その全ての事故を乗り越えるどころか
勢いよく巻き込まれていく世界一周旅行記です(笑)



☆最新☆
≫南米バイク編 ボリビア・ラパス編追加しました


 

ドラード・サハール・ターポン・ピラルク・
タイガーフィッシュ・バラマディ...など

バイクで釣りにいく世界の魚!!

21日間の奇跡。ネパールの”神の魚”
パキスタンに滞在時、たまたま同じ宿に泊まっていた釣り好きで、
生涯で11回もマラリアになっているという南アフリカ人のおっさんに
『ネパールには神の魚って呼ばれる
マッシール(サハール)ってでっけえ魚がいるんだぜぇ』

と言われて、山にも登らず、釣りだけのために行ったネパール。

おっさんの言葉のおかげでこの魚釣れたけど、
ここまでマラリアになっているにも関わらず未だ無事生存している
おっさんもかなり神がかってました(笑)
≪世界の魚釣ーりんぐはコチラ≫


 



ペルーの幻の大物!?
マチュピチュに行く上で重要な国際学生証
その最大の壁はこのおばちゃんだった!
我々はこの壁を果たして乗り越えることができるのか?
マチュピチュを登る前に登らなければいけない巨大な山に立ち向かう
壮大な(?)ストーリーを描く。
≪おばちゃんと我々の戦いの詳細はこちら≫




実はこのHPを作る前に『なにか新しいコーナーを!』と思い
他の旅人と話してたらたまたま思いついたのがこの企画でした。
しかし、実際、世界各国に綺麗な女の子はいても
特に仲良くもないのに写真を撮らせてもらうのってなかなか困難。
思いのほか苦労した割には出来の悪い仕上がりになりました^^;
≪世界の女の子特集≫





旅中にお金を得る事は可能なのか?




世界一周って、普通に旅行すると1年以上はかかるはずです。
だって世界は広いから
ましてや、バイク旅行なら急いで旅行しても2年以上必要です。
まあ、バイクじゃなくても年単位で海外旅行するなら
旅行しながら所持金を減らさないように
できれば増やしていけないかと誰もが考えるはず!
結果からいえば2014年の時点では、それは可能です。
そこで稼ぎながら世界一周旅行することについて、僕の考えを書いてみました。


世界一周しながら稼ぐ


ちなみにですが、たまに聞かれるんで…

『タダでは終わらない』
というHP名の意味とは?


このホームページ名は、やはりこの世界一周旅行記サイトを作る以前
他のバックパッカーとホームページ作るという話をしていたら
『お前の旅はいつもすんなり進まないから
”タダでは終わらない!”ってのはどう?』

というのがきっかけです。
このグダグダ感溢れる旅行記をぜひお楽しみください(笑)
バイク世界一周旅行記









 

Information

2011/05/04
気まぐれでホームページリニューアルしました(笑)
2011/04/24
気まぐれで旅の通販のお店開きました
2011/04/18
釣りキチの部屋 鮮烈デビュー
2011/04/18
2004年 中南米バイク旅行記 こもえすたすメヒコ追加



世界一周旅行記




聞けばわかるさ迷わず聞けよ?

旅の質問掲示板


激震!!の新コーナー

世界の女の子特集





バイク雑誌『アンダー400(U4)』に
僕の世界一周バイク旅行が紹介されました!」




よく読まれる記事



世界一周バイク旅行記 イラン バム編

そうだ!危険度5地帯に行こう!


世界一周バイク旅行記 チリ プエルトモン編

バーに行ったら噛み付き注意!?inプエルトモン



世界一周バイクツーリング ペルー マチュピチュ編

マチュピチュと愉快な仲間




テヘランだよ、全員集合!?

世界一周バイク旅行記 アルデンチン 冬の劇寒ウシュアイア編

そーなん?そうなんですよ!!遭難ですよ!??
目指せ!真冬の最南端脱出!?



fela2929おすすめ書籍

オーパ!の遺産



私が生きた化石ピラルクを釣りにアマゾンまで
行った直接的なきっかけとなった本。
私が尊敬する著者、柴田哲孝氏がアマゾンの世界最大の淡水魚ピラルクとアマゾン川の怪魚に挑む釣行記です。
これを読んでぜひ『オーパああああ!!』と叫んでください(笑)


インド怪人紀行 (角川文庫)



ライター、ゲッツ板谷氏がインドで出会う
様々なハプニングに巻き込まれていく旅行記。
と言っても彼は海外旅行には元々あまり興味がなくその視点から見たインドというのが新鮮で面白く、
また同行しているカメラマンの
カモちゃん達とのやり取りが最高にウケます。
ネパール、ポカラのカルキゲストハウスにたまたまこの本が置いてあり、暇つぶしに読んでいたら爆笑してしまい、日本に帰ってから他の著書も買い集めてます。



アジア横断

(旅行人ノート)




海外ガイドブックは地球の歩き方はあまりにも有名ですが、旅に慣れている旅人に評価が高いのが
この旅行人ノートシリーズ。
なぜかというと余計な情報が少なく上、マイナーな国まで網羅してからなんですね。
あ、,あと決定的なのが本自体が薄い事です!
僕自身は旅行に行くときには必ずこっちを購入します。
かなりオススメですよ!


地球鱒釣り紀行



作家、芦原伸氏のマス釣行記。
世界各国のサケ、マス釣り事情は読んでいるだけでワクワクしてきます。しかし彼はマス釣りのためにロシアやアラスカ、アフリカにまで行ってるんで、よほど好きなんでしょうね。
共感します。
著者自身も海外旅行が大好きで他にも旅行記も
多く執筆しております。