×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



世界一周バイク旅行記世界一周バイク旅行記

南米旅行 ラパス編 私をストライキに連れていって!!





 
う とうペルー国境を越え、
ボリビア国境近くの街コパカバー ナまでやってきた。

が、町の入り口に入るなり、対向車に
『タイヤがつぶれてるぞ』と言われて見てみたらなんと空気が抜けている!!

パンクである。

実は先ほどペルー側を走っていた時にストライキに遭遇したのであるが、
ペルー編でも書いたとおりペルーではストライキというのが結構定期的
かつ頻繁にあ り、運悪く巻き込まれると現地人だろうが外国人だろう
が関係なくデカイ石など投げられたりしてエライ事になる。

前方の路面には石やラビンの破片やらが大量にばら撒かれており、
通行は完全にストップ。

世界一周バイク旅行記 南米旅行 ラパス編

長蛇の渋滞が出来ていたのであるが、
そこはバイクの強みでちょっとした隙間を縫っていくような感じで
なんとか抜けてはいけたが正 直、終始緊張感がありピリピリしていた。

世界一周バイク旅行記 南米旅行 ラパス編

しかし通行をストップして一体このストライキにはなんの意味があるのだろう。

政府に対してとかならともかく一般人には全く罪がない筈なのに
まきぞいを食らう羽目になる。もっと他の形で講義する事はできないのか?

疑問だ!


さて、話を戻すとタイヤを見たら
そのストライキの時に運悪く踏 んでしまったのか3cmほどの釘が後輪タイヤに刺さっていた。

ボリビア着いていきなり幸先わりー!!

そう思って回りを見回して見たら、
なんと目の前にバイク修理の店があった。


運が悪いけど、運がいい
(笑)

こういう時、日本語で言うことわざがあったはず!

長期の間、日本を離れてるとつい日本語を忘れがちだ。

強引に思い出してみよう。


ええと、

『早起きは三文の徳』...いや、そうじゃない。
『先手必勝』
...ぜんぜん違う。
『アタシってちょー運がいい』...そのまんまじゃねーか!!
『佐藤 幸男』
...ことわざじゃなくて人名だよ!
『ゾーンに入る』
...意味がわからん。
『This is a pen』
...そもそも日本語じゃない!


ほかに思い出せる事があるとすれば。。。

『オオサンショウウオ』

『今だけ30%オフ』   
『かわいい動物がいッッぱい!!』 
『力強いけど後味スッキリしてる』
『株式会社 産休』 
『今日は危険日だから』
『ラオウ、天に帰る時が来た』 
『老け顔はあなた!私ではない』




もうダメだあああああ!!!!!!!!


とにかくタイヤ修理は30分であっさり完了。

『クアント クエスタ(いくら?)?』と聞いたら
『20ボリバール(300円)』だった。

安い!!!!やっぱり南米はいいよなあ。

とりあえずアルゼンチンで会ったヨシさんやグーナイ君からの情報で『ミラドール』という宿に泊まる事にしたのであるが、それがあまりいい情報ではない。

実はここはどうもドロボー宿らしいのであるが、
バイクをホテルの敷地内に置けるホテルというのはコパカバーナには意外と少なく、オレみたいなバイク乗りは ほぼみんなここに泊まる事になる。


さらに、ここコパカバーナはとても静かな町なのであるが、
規模は小さい割に妙にツーリストずれをしている印象がある。
特に見る所もあまりないみたいなので 1日だけ泊まることにしたのである。

が、予想に反して次の日首都ラパスではストライキの日かなんかで完全通行止め!

誰でもいいから教えて欲しい。
ストライキは南米の文化なのか?

結局2日滞在したのであるが、ここ『FLORENCIA MIRADOR』は
ド ロボー宿と評判が悪い割には特に印象も悪くもなく、
逆に宿のセニョーラも親切でむしろ居心地がよかっ た。

コパカバーナを出発。
町を出てから40km走ったところで船に乗って湖の対岸に行き、そこからはラパスまでの115kmの距離をひたすらまっすぐという、至ってシンプルな道で ある。


2時間もあれば余裕でたどり着くため、急ぐ必要はない。

途中で寄り道して屋根もないような青空食堂でトラックの運転手が皆、カラ揚げにした魚を注文しているのを見てオレも同じモンを注文。出てきた魚を見ておば ちゃんに
『これはなんて魚?』と聞いたら『ぺヘレイ』と答えた。
世界一周バイク旅行記 南米旅行 ラパス編

おお、これがあのぺヘレイ!!

実は日本でも神奈川県の丹沢湖にも南米産のぺヘレイを放流していて釣りにいった事がある(釣れなかったが笑)本場でそのぺヘレイにお目にかかれるとは!!

 感動である。

食べてみたら癖がなくあっさりして美味しい。刺身にしたらうまいかも!
ちなみにテーブルの横にあったバケツには60cm以上はあるチチカカ湖産のニジマスが大量に横たわっていた。

あー釣りしてーーーーーーーーー!



そして午後3時すぎ、標高3800mにあるという

世界最高地の首都ラパス
に到着した。
この町はすり鉢状にできているという変わった所で、
東京ドームに例 えるならば、選手が試合するフィールドに首都の主要機関が集まり、それを囲むように観客席にみっちり民家が並ぶといったイメージだろうか?

宿は久々にバックパッカー宿に泊まることになった。

ヨーロピアンしかいないホステルだったが
彼らに紛れて酒飲むのも楽しいもんだ。

するとここで意外な再会があった。

なんとアルデンチンのアスールで会ったドイツ人ライダー、
ハートムートゥと 偶然ばったり!!

が、彼は右腕にギブスをしており、理由を聞いたらジャングルをかっ飛ばした走っていたら、思いっきりすっこけて転倒し骨折したという。

なんと全治3ヶ月!!

待っていても仕方ないので
バイクをジャングルに追いたまま1度ドイツに帰るという。

何か人事ではない。オレも気をつけよっと

世界一周バイク旅行記 南米旅行 ラパス編

この日はハートムートゥのオッサンを囲む
『オッサン ジャングルでコケて骨折れたから残念会』
この日 6人で 7本のワインが空いた。






















 

Information

2011/05/04
気まぐれでホームページリニューアルしました(笑)
2011/04/24
気まぐれで旅の通販のお店開きました
2011/04/18
釣りキチの部屋 鮮烈デビュー
2011/04/18
2004 年 中南米バイク旅行記 こもえすたすメヒコ追加







激震!!の新コーナー

世界の女の子特集

世界を股にかける旅人達の為の


旅 の通販SHOP 電撃OPEN!

聞けばわかるさ迷わず聞けよ?

旅の質問掲示板


fela2929 おすすめ書籍

世界一周バイク旅行記 ツーリング

オーパ!の遺産


私が生きた化石ピラルクを釣りにアマゾンまで
行った直接的なきっかけとなった本。
私が尊敬する著者、柴田哲孝氏がアマゾンの世界最大の淡水魚ピラルクとアマゾン川の怪魚に挑む釣行記です。
これを読んでぜひ『オーパああああ!!』と叫んでください(笑)


世界一周バイク旅行記 ツーリング

インド怪人紀行 (角川文庫)


ライター、ゲッツ板谷氏がインドで出会う
様々なハプニングに巻き込まれていく旅行記。
と言っても彼は海外旅行には元々あまり興味がなくその視点から見たインドというのが新鮮で面白く、
また同行しているカメラマンの
カモちゃん達とのやり取りが最高にウケます。
ネパール、ポカラのカルキゲストハウスにたまたまこの本が置いてあり、暇つぶしに読んでいたら爆笑してしまい、日本に帰ってから他の著書も買い集めてま す。



世界一周バイク旅行記 ツーリング

アジア横断編 (旅行人ノート)



海外ガイドブックは地球の歩き方はあまりにも有名ですが、旅に慣れている旅人に評価が高いのが
この旅行人ノートシリーズ。
なぜかというと余計な情報が少なく上、マイナーな国まで網羅してからなんですね。
あ、,あと決定的なのが本自体が薄い事です!
僕自身は旅行に行くときには必ずこっちを購入します。
かなりオススメですよ!


海外の釣り フィッシング バイク

地球鱒釣り紀行


作家、芦原伸氏のマス釣行記。
世界各国のサケ、マス釣り事情は読んでいるだけでワクワクしてきます。しかし彼はマス釣りのためにロシアやアラスカ、アフリカにまで行ってるんで、よほど 好きなんでしょうね。
共感します。
著者自身も海外旅行が大好きで他にも旅行記も
多く執筆しております。








海外の釣り フィッシング バイク